修理ご来店の際は必ずご予約をお願いします。
不在の場合や修理パーツの在庫がない場合がございます。
TEL077-564-8945
当店は非正規プロバイダとなります。
AppleCare+での保証修理はお受けできません。

有機ELって何?なぜiPhoneXの修理は高くなるのか?

 

DotFixのスタッフMです。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!
今回はこの前の記事の続きを話していこうと思います。

 

■パネル交換の価格と品質について

 

前の記事ではパネルの種類とその二つの特徴についてお話し致しました。
そう、純正液晶タイプ高品質互換パネルです!

。。。。

ピンときた方は前回の記事を読んでくださるということだと思います。ありがとうございます。
なんだそれ?って思っている方は前回の記事に詳しいこと書いておりますので見ていただけると幸いです!

↓こちら前回の記事ですのでよろしければご覧になってください!

再生パネルと互換パネルの違いとは?

そして今回は値段のお話と品質の関係性についてお話しできたらなと思います。

まずは値段ですが最近はもうiPhone7などからiPhoneXや11proに買い換える方も少なくありません。
実際、当店にもXの修理を頼みにきてくださる方も多くいらっしゃっています。

ですがX〜11proになるとそれまでの7や8から修理の値段が跳ね上がっています。
なのでお客様も値段を聞いて修理を断念される方もいらっしゃいます。

正直私も、修理するのに純正タイプで3万ほどかかるとなると最初は高いなと思いました💧

ではなぜそれだけ高いのかという理由をご説明いたします。

 

■なんでXから高いのか?

 

理由の根本ですが今までのiPhoneには液晶ディスプレイが使われていたのに対して
X〜11pro(XR,11は除く)には有機ELというディスプレイが使われています。

https://dorekau.com/7448

こちらのサイトに有機ELについて詳しく書かれていますが、
簡単に言うと今までのiPhoneより充電の減りを抑えられて尚且つ画面のコントラストが高くきれいに見えるということです。

すごくいいなと思うのですがサイト内にも書いてある通り、この有機ELは製造がとても難しいです。
そのためパネルの値段が上がってしまい7や8に比べて値段が上がってしまいます。

 

■互換パネルは純正有機ELを再現できる?

 

互換パネルについてですがX以降の純正のパネルの色合いなどを完璧に再現できるかと言うと現状難しいです。

世の中、研究によって時間が経つごとにより良い物が作られていきます。

何が言いたいかというと有機ELが開発されてからまだそこまで時間は経っていません。
初めて有機ELに切り替えたXが発売されたのも2017年の下旬です。
しかも純正の製造が難しいためそれを似せるのにはまた難しいということです。。

つまり純正に似せた互換パネルはこれから先技術の進歩とともに作られていくと思います。
( 現に液晶ディスプレイも時間が経つにつれて純正に近い互換パネルが作られていきました。)

 

■有機ELの互換パネルは純正とどう変わる?

 

色合いが純正に比べて暗く見えるのと少しざらついて見えます。
それとこれはどの互換パネルにも言えることですが、衝撃に弱いためiPhoneを落とした際
壊れる確率が上がります。

 

長くなってしまいましたが今回は有機Elの話を主にさせていただきました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です