修理ご来店の際は必ずご予約をお願いします。
不在の場合や修理パーツの在庫がない場合がございます。
TEL077-564-8945
当店は非正規プロバイダとなります。
AppleCare+での保証修理はお受けできません。

修理番外編 AmazonBASICのシュレッダー

シュレッダー
皆さんこんにちは、

iPhone修理+DotFixです。
本日はiPhoneとは別のお話、最近調子の悪かったAmazonBASIC(アマゾンベーシック)のシュレッダーを修理しました。
情報共有のためになれ幸いです。

ちらのシュレッダー昨年末より、オートでシュレッダーを掛けると永遠と動き続ける現象が起きてました。
自動に止まらないので、非常に危険で、センサーが潰れている可能性が大です。。

  1. センサーが接触不良
  2. センサーが汚れている
  3. センサーが物理的に壊れている。

おそらくこの3つのどれかが原因です。
1と2の場合は掃除や接続し直しで直るでしょう

では始めていきます。

まずシュレッダー部分を外し、開腹していきます。
6つのビスで止まってました。
真ん中の緑の丸の部分はシールで隠されていて、探すのに手こずりました。
みんな外したのになぜ開かないんだ??と随分悩みました。

シュレッダー

シールで隠してあるってことは、本来ここは触らないでってサインだと思います。
しかし、今回は比較的、簡単に修理できましたよ。

シュレッダー

おそらくこの2つ(黒と透明)のカプセルみたいのがセンサーでしょう。

シュレッダー

外してみると紙の粉で白くなってるのが目視できます。
コレを掃除すれば元に戻るでしょう!

シュレッダー

 

組戻して、動かしましたが無事センサーが効いているようです。
やはり、汚れで感度が落ちていたのですね。

他の家電とかでも割と簡単に直るときが多いです。
いちど、開腹して掃除をしてみることをおすすめします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です