TEL

MAP

これを見れば解決!LINEのデータバックアップ方法

 

こんにちは、DotFixのスタッフです。

 

久しぶりの更新となります。

今回はスマホのデータ移行を自分で行う際に重要なLINEのバックアップ方法について取り上げたいなと思います。

 

今の時代、20〜50歳代の方でLINEを使っていない人の方が稀と思うぐらい普及しているアプリです。
調べてみるとNTTドコモの調査ではLINEの利用率は8割を超えているらしいです!すごい!

でも普通に考えたらそうだよな〜って思います。通話料無料で簡単にチャット機能があるおかげで時間差がなく会話ができるので公私共に使われていても
納得だなと思います!

しかし、もしも急にスマホを衝撃で壊してしまい、一生、電源がつかない状態になってしまったら。。
考えるだけで恐ろしいですよね😅

だからそうなった場合でも対策バッチリにしておきましょう!
今から言うことをやっておけばスマホが壊れようと、別のスマホから簡単にLINEのデータはもちろん、トークの履歴やトーク内の写真もバックアップができ
何も怖くありません!

 

メールアドレス・パスワードを登録しておきいつでもLINEを引き継げる状態へ

 

まずはデータが消えてもしっかり引き継げるよう、メールアドレスとパスワードを登録しておきましょう!
新しい端末でログインする際、パスワードを予め登録しておかないと面倒なことになります。。
登録方法ですがラインを立ち上げた時のホーム画面(自分のプロフィール写真が出る場所)に歯車マークがあると思うのでタップしましょう!
アカウントをタップ→メールアドレスとパスワードが登録されているか確認してください。
していない方はすぐに今すぐ登録しましょう!

これを登録しておけばとりあえず急にデータが消えたり、スマホを壊しても引き継ぐことができます!
もちろん登録したメールアドレス、パスワードはどこかにメモっておきましょう!

 

かんたんトーク履歴のバックアップ

 

トーク履歴に関してもあらかじめバックアップをとっておけば引き継いだ時に今までの履歴を取り戻すことが可能です!
仕事で大事な会話であったり、大事なデータの保管場所など履歴には大事なことを書いている方がたくさんいらっしゃると思います。
(私も履歴を見て色々思い出したりします笑)

さて、バックアップの取り方ですがとてもかんたんです!
メールアドレスの時と同じようにLINEを立ち上げホーム画面の歯車マークを開きます。
少し下にスクロールするとトークと書いている(チャットの吹き出しマークがついている)アイコンがあるのでタップ→トークのバックアップ→
ここまでくると下写真のような画面になると思います。
私はiPhoneですので保存するストレージがiCloudですがAndoroidを使われている方はGoogleドライブに保存されるようになっています。

ちなみに無料で使えるストレージの容量は決まっていて、iCloudは5GB・Googleドライブは15GBとなっています。

今すぐバックアップをされたい方は今すぐバックアップをタップしましょう。

日頃から大事な話をLINEでしたり思い出のため少しでも消えるのが嫌な方はバックアップ頻度をオンにします。
すると自分がバックアップしたい頻度を選べるので選択しましょう!

LINE トークバックアップ

これでトークのバックアップのバッチリです!

 

トーク内の写真はアルバムかKeep機能で消えない対策を!

 

トーク内の写真は普通に引き継ぎすると消えてしまいます。
この場合、どうするかと言うととてもシンプルです。
方法は2つでアルバム機能を使うかKeep機能を使うかです。

アルバム機能というのはよくグループラインで使われますが旅行の思い出写真などをアルバムに保存したりします。
アルバムに保存しておくとたとえラインが消えたとしても写真はずっとアルバムに残ったままなのです。
ですから、個人間のラインでも大事な写真などはアルバムに保存しておきましょう。

もう一つの機能はkeep機能です。
こちらの機能の方が個人的にオススメです!
欲しい画像をタップし、Keepに保存を押すだけで写真のバックアップが取れてしまいます!
Keepした画像はどこで見れるかというと自分のプロフィールページをタップするとKeepというアイコンがあると思います。
タップすると保存した画像が見れるという感じですね!

本当にすぐに必要な写真や優先事項の高い写真はKeepに保存するのがいいと私は思います!
これで写真のバックアップも完璧です!

 

さいごに

 

今私が伝えた方法を使って、バックアップはすぐにとっておきましょう!

もしかしたら明日何かの拍子で壊れて動かなくなるかもしれませんからね….