iPhone6s起動せず!UFDモードで起動!!

年配の女性がiPhoneが起動しなくなったと来店
既に機種変更してiPhone8をお持ちでした。
iPhone6sが動かなくなりauショップへ相談に行かれましたそうです。
店員にダメですねと新しい機種をすすめられその場で泣く泣く契約されました。

iPhone6sの状態は、バッテリ残量が無く、バッテリーマークが表示されます。要充電

充電していくとアップルマークが表示されるもスグに電源が落ちます。
アップルマーク

MACへライトニングケーブルで接続するも起動しないので認識しません。
iPhone6sを開けてバッテリー端子を一度外してみましたが現状が変わりません。

コレは厄介だなと思いつつ、iPhone6sをお預かりしました。

まずは、充電できるかライトニングに30分程度、繋ぎっぱなしにし状況を確認します。
やはり変わらず充電ができない。

iPhone6sでまだ新しい機種なのでバッテリーが完全に死んでるのは考えづらいですが
バッテリを新品を仮付けし試してみるが状況変わらずです。

次に、パソコンとライトニングケーブルでつなぎUFDモードで起動します。
UFDモードとはPCとライトニングケーブルで繋いで、電源ボタンをホームボタンを同時に長押しして起動させます
起動した時に電源ボタンを離し、ホームボタンのみ押しっぱなし
するとiTunesに繋ぐの表示になります。

パソコンのiTunesでアップデートがあると表示されていると思います。
ここでまずは、アップデートを試してみます。
復元というボタンもありますが、復元をするとデータが無くなり初期化されます。
(アップデートではiPhoneの保存データは消えません。)
まつこと、30分ぐらい無事元の通り復活しました。

おそらく、iOSのアップデート時に何かのトラブルにあったと考えられます。
iOSのアップデートをWifi経由で行うとよくこの現象が起こります。
安全にアップデートするにパソコンと繋いでiTunesからアップデートすると安定するのでトラブルが少なくなりますよ

このトラブルはよくあるトラブルです。
この状況に陥った時はPCとつなぎUFDモードで起動してみてください。


077-564-8945

mail


南草津駅徒歩4分、iPhoneのトラブル即日対応
画面割れ・ガラス割れ・液晶破損・タッチパネル異常・バッテリー交換
親切丁寧に対応・対面修理でiPhoneのプライバシー(個人情報)も安全です。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL