最近よくあるiPhoneの修理 その2

iPhone7アウトカメラガラス割れ

iPhone7アウトカメラガラス

iPhone7よりカメラ性能アップのためかアウトカメラのガラス面が大きくなってます。
昔のiPhone5はカメラ部分の出っ張りがなくフラットでした、iPhone6からはアウトカメラにリングが付き
出っ張った形状になっています。
この出っ張りが衝突した時に、ダメージを大きくするようでiPhone6からアウトカメラレンズの交換をしばしばご依頼いただきました。
iPhone7になりアウトカメラのガラスが大きくなり更に割れる確率が多くなっている気がします。
この修理も在庫が有れば即日お渡しできます。
時間は2時間程度、預かりです。

アウトカメラガラス交換方法

交換するには内部のカメラユニットを外し、場合によっては基盤も外します。
そして、他の部分を傷つけないように、割れたガラス部分を慎重にキレイに剥がしていきます。
コレが結構大変で時間がかかり厄介な修理になります。
当店は幾度と修理していますので安心してご来店ください。

iPhoneのアウトカメラガラスはサファイアガラス

iPhoneのアウトカメラガラスはサファイアガラスが採用されていると言われています。
しかし、何故か割れますね。
腕時計のサファイアガラスなんかは中々割れないのに
どうもサファイアガラスの純度が悪い感じがします。
Appleさんにもう少し割れない工夫をしてもらいたいものです。

iPhone6から何故アウトカメラに凹凸ができたのか?

iPhone5系まではアウトカメラには凹凸がなくフラットでした。
iPhone6からのアウトカメラに凹凸がついています。
調べた所、この凹凸でカメラユニットを保護しているとか、画質を良くする為の工夫だとか
曖昧な情報ばかりでした。
できれば、フラットな方がデザイン的にはいいです。
カバーを付けずにアイフォンを置くとよくわかりますが、この凹凸のためにガタガタしますね。
ジョブズが生きていれば、この凹凸は無くすように指示したことでしょうね。と僕は思います。。。
では本日は最近よくあるiPhoneの修理 その2でした。

アウトカメラガラスの交換は在庫がない機種があります。
iPhoneの種類・iPhoneのカラーをお確かめの上
電話かメールでご連絡ください。

カメラレンズ02カメラレンズ01カメラレンズ03


077-564-8945

mail


南草津駅徒歩4分、iPhoneのトラブル即日対応
画面割れ・ガラス割れ・液晶破損・タッチパネル異常・バッテリー交換
親切丁寧に対応・対面修理でiPhoneのプライバシー(個人情報)も安全です。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL