iPhoneの修理できる故障・不具合・不調まとめ

アイフォンって修理できるの?

「大切に使っていたiPhoneが壊れてしまった!」そんなとき、自分のiPhoneは修理ができるのだろうか?と心配になるのは当然のことです。
iPhoneの故障には様々なものがあります。落下などによるiPhoneの液晶割れ・画面割れ、また水の中に落としてしまったことによる水濡れ・水没、バッテリーの経年劣化によってバッテリーが持たなくなってしまう等、iPhoneの故障には様々なタイプがあります。

そこで今回は、iPhoneの修理にはどのような種類があるのかをご紹介させていただきたいと思います。
液晶割れ・画面割れ、水没やバッテリー交換など、それぞれの修理はどのようなものなのか、修理できるのかなどについて詳しくご紹介したいと思います。「iPhoneが壊れてしまった!」と途方にくれている方は、是非参考にしてみて下さい。

iPhoneの画面割れ・ガラス割れ

まず、iPhoneの修理として代表的なものがiPhoneの画面割れガラス割れです。iPhoneの画面のガラスは、画面をこする、ひっかくなどの衝撃には強いのですが、落下などの衝撃には非常に弱く、電車の中などでも、画面の割れたiPhoneを使っている人がいるのを見たことがあるのではないでしょうか。
ガラスが割れてしまったiPhoneは、非常に使いづらく、また割れたガラスの破片が指に刺さったり、使っているうちにガラスがポロポロと落ちてきてしまいます。
そのため、みなさん本心では修理をしたいと考えられているものの、「iPhoneの修理は高い」「時間がかかるのではないか」と修理するのを躊躇されている方がいらっしゃいます。
しかし、実はiPhoneの画面ガラス割れ修理は、最短60分で修理をすることができます。修理にかかる費用も、機種によっては1万円程度から修理をする事が可能です。
また、画面ガラスを交換するだけなので、中のデータやアプリなどはそのままでOKです。iPhoneの故障の中では比較的簡単かつ安価にできるので、iPhoneの画面割れ・ガラス割れを放置してしまっているという方は、一度iPhone修理を依頼されてみてはいかがでしょうか。

Phoneの液晶・タッチパネル不良

iPhoneには、表面のガラスの下に、液晶画面があります。ガラスだけでなく、液晶やタッチパネルまで故障し、操作ができなくなってしまったり画面が映らなくなってしまうと、iPhoneを使用することができなくなってしまいます。
液晶画面が故障してしまうと、「もうiPhoneが壊れて使えなくなってしまった」と修理を諦められてしまう方がいらっしゃいますが、実は、液晶・タッチパネルの故障も、ガラス割れと同様に修理を行うことができます。
修理にかかる費用も、ガラス割れと大差はなく、すぐに修理をしてもらうことができるため、まずはiPhone修理専門店にご相談されてみてはいかがでしょうか。

iPhoneのカメラ修理

今やiPhoneなどのスマホにとって、カメラというのは非常に大切な機能のひとつです。そのカメラが故障したり、正常に動作しなくなってしまい、使えなくなるというのは、非常に不便なものです。
iPhoneのカメラも、実は修理をすることが可能です。しかし、こちらは画面割れと比べてあまり認知度がないためか、使えないまま放置されている方が多くいらっしゃいます。
ズームやオートフォーカスが使えなくなったり、カメラ自体が映らなくなってしまうなど、カメラの不調・不動などが見られる方は、iPhoneのカメラ修理を依頼してみて下さい。iPhoneのカメラ修理にかかる費用は、概ね1万円以下となっています。

iPhoneのバッテリー交換

画面割れについで需要が高いと言われているのが、iPhoneのバッテリーに関するトラブルです。かつてみなさんが使われていたガラケーや、Android端末は、バッテリーを自分で取り寄せ、簡単に交換することができました。そのため、バッテリーの持ちが悪くなったり、へたってきたと感じれば、自分でバッテリーを交換するというのは当たり前の行為でした。
しかし、iPhoneはご存知のように、残念ながら自分で分解をしてバッテリー交換をすることはできません。そのため、バッテリーがもたなくなってきたり、充電が上手くできなくなってきた場合は、機種変更をする方が多いようです。
しかし、iPhone修理の専門店であれば、4000円〜8000円程度で、バッテリー交換をしてもらうことが可能です。現状の機種に不満は特になく、できればもっと長く使いたいという方は、現行のiPhoneのバッテリー交換を依頼するのはコストパフォーマンスの面からみても良いのではないでしょうか。

iPhoneのドックコネクタの交換

iPhoneを充電したり、パソコンと繋いで音楽を移動させたりするのに使われる、iPhoneのドックコネクタですが、こちらも接触不良を起こして故障してしまう場合があります。
iPhoneは、ドックコネクタから充電を行うため、こちらが正しく利用できなくなると、iPhone自体が使用できなくなってしまいます。
このiPhoneドックコネクタも、1万円以下で修理・交換をすることができます。ドックコネクタの不調に悩まされている方は、ぜひ修理をお試しください。

iPhoneのヘッドフォンジャックの故障

iPhone6sまでは、ドックコネクタとは別にiPhoneにはヘッドフォンジャックが搭載されています。このヘッドフォンジャックですが、接触不良により音楽が聞けなくなってしまったり、片耳だけ音が出なくなったりしまったりと、故障してしまう場合があります。
このような場合も、1万円以下で修理を行うことができます。ヘッドフォンジャックの不調にお悩みの方は、iPhoneの修理専門店までご相談されてみてはいかがでしょうか。

iPhoneの水没修理

iPhone7からは防水機能が追加されているものの、iPhone6sまでは、iPhoneは水濡れに対して、全くの無防備なスマホです。
そのため、誤ってお風呂やトイレ、水の中に落としてしまったら、iPhoneは故障してしまいます。
iPhoneを水に落としてしまったら、そのまま放置するのは絶対に厳禁です。iPhone修理専門店では、水没してしまったiPhoneを点検し、修理が可能かを判断することができます。パーツ交換などを行い、復旧が可能な場合があります
iPhone自体の復旧が不可能な場合も、データだけは取り戻せる場合がありますので、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。iPhoneで修理できる故障・不具合・不調についてご紹介させていただきました。実は、iPhoneに発生する不具合や故障の多くは、修理をすることができます。今回ご紹介したような症状にお悩みの方は、iPhone修理専門店までご相談されてみてはいかがでしょうか。機種変更をするよりも、多くの場合安く直すことができます。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL